会津工場をめぐるストーリー

WORKER 5

組立部組立第1ユニット組立第1課第2係長渡部 はるみ

Harumi Watanabe

photo: Kitchen Minoru
2018.05.09

うわ、こんなに大きく写真が載るんですか!? 恥ずかしいなぁ……。もともと人前に出るのは苦手なんですよ。普段はヘラヘラしてますけど、本当は話すのも得意じゃないですし。

高校卒業後に入社して15年になりますが、ずっと組立部で現場ひと筋です。入社後すぐに配属された時は、ちょっと嬉しかったんですよ。手先は器用なほうで、工作は大好きだし、何より、誰ともしゃべらず黙々と自分だけの世界で作業していられるって(笑)。ところが、気がついたら係長として、いろんな人とどんどん話さなきゃいけなくなっていて、まさかの展開です(笑)。

実は、組立ユニットで女性係長は私が初めてだったんです。女性が多い部署なので女性のリーダーを増やそうと。確かに、妊娠しているスタッフが悪阻つわりで辛いとか、子どもが熱を出しちゃったとか、女性でないとわからない悩みや事情も多いですから、リーダーも女性のほうが話しやすいということはあるかもしれないですね。仕事も頑張りたいけれど思うに任せないという人たちをチームみんなでサポートしていかないと、女性はママになったら働けなくなってしまいます。

仕事に関しては、もちろん厳しく臨まないといけない場合もありますが、「怖くて話しかけづらい」と思わせないよう、仕事の合間にこちらから話しかけたり、冗談を言ったり、コミュニケーションは大事にしています。「話すのは苦手」なんてもう言っていられませんよね。それに、スタッフたちの家庭の事情にかかわらず、私自身が「絶対定時で帰りたい派」なんですよ(笑)。だから、「余計な残業はするのもさせるのもイヤだから、みんな頑張って!」って毎日ハッパをかけてます。

組立部門は、今13ラインほどあります。多いところで40人ぐらいで大量生産に対応しているラインもあれば、シネレンズのように4〜5人のラインもあります。私が受け持っているのはOEMとシネレンズすべてです。レンズの生産は組立部の実績が工場生産の実績になるという部分があって、その点はプレッシャーを感じますね。

特にシネレンズは、スチルレンズと構造がまったく違うので、今までスチルの組み立てを担当していた人が、すぐにシネレンズも同じようにできるわけじゃないんです。シネにはシネ特有の配慮すべき点が多いので、これまでスチルで蓄積してきたノウハウや技術をそのまま流用することはできないんです。スチルレンズの場合、求められる量産スピードのレベルも全然違うので、経験の浅い新人でも速く正確に組み立てられるよう、分かりやすくて効率のよい工程が必須になるのですが、シネレンズはまったく違うんですよ。特に、この2月から担当しているズームレンズは本当に難しくて、精度とスピードの両方を満たす組み立て工程を確立するのに苦労しています。

でも、昔だったらそういう時にイライラしたり、周囲に八つ当たりしていたかもしれませんが、今はチームメンバーの力がすごく大きいんです。ズームで何か問題が起こると、プライムなど他のチームのメンバーが来て助けてくれるんですよ。そういう力のある人が集まってくれるから、私はこうして難しい仕事もできているんだな、恵まれているな、と思います。

現場のリーダーは、技術より視野の広さや理解力、そしてコミュニケーション能力が大事。で、正直に言うと、仕事そのものの出来映えは、ラインで実際に作業している人たちがしっかり担ってくれているものなんです。それなので、現場の状況を広く見て、正しく理解し、責任感を持って上司に報告・連絡・相談がきちんとできる人がリーダーに適していると思います。そういうリーダー候補のような女性が私のチームには何人もいます。とても信頼していますし、いずれは組立ユニットでそれぞれにチームを担っていってくれるだろうと期待しています。

渡部 はるみ

組立部組立第1ユニット組立第1課第2係長

福島県大沼郡会津美里町生まれ。入社以来、組立部にて交換レンズ組み立てに従事。「とにかくお酒が大好きで、特に日本酒。会津の日本酒はおいしいです!」

シネレンズの中でも、特に難度が高いズームレンズの組立工程。作業現場にも常に緊張感が漂う。

Episode in Aizu

ものづくりの最終工程である「組立ユニット」において、最前線で生産に携わってもらっています。計画達成に対する意識はとても高く、丁寧かつスピーディーな仕事ぶりは頼もしい限りです。昨年末の改善提案表彰では、シネレンズの生産性向上に関する改善提案が評価され銀賞を受賞するなど、作業性改善への意欲も高く、その貢献度は目を見張るほど。裏表のない性格と女性ならではの細かい気配りで男女を問わず信頼されています。(松本伝寿 組立部 部長)

Share on social media